社員ブログ
ホーム > 社員ブログ  >  毎月発行 社内壁新聞  >  「東北地方太平洋沖地震」

「東北地方太平洋沖地震」

平成23年3月11日に起きた「東北地方太平洋沖地震」から早1年が過ぎようとしております。

被害を受けた地方では震災から立ち直るにはまだまだ時間がかかると思います。

過去に「阪神大震災」についても投稿したと思いますが、自然災害の恐ろしさには人間の無力さを痛感させられました。

これから、たくさんの特別番組が組まれ大きな地震やそれを原因とした津波等の災害が何時襲ってくるかわからない、

また、確率的にも遠くの出来事ではないんだという思いがより一層強まってくると思います。

そのうえ、今回は福島原子力発電所での地震や津波からの原因による事故で世界を動かす問題になっています。

原子力発電所付近に住んでいた方たちは、立入禁止区域になり避難生活を強いられています。

自分たちの住んでいる延岡市には原子力発電所はありませんが、旭化成工場があり、同じ様な事が起こればと考えると他人ごとではと思わせられます。

相手は自然現象ではありますが、何も起こらないのが一番。願わくばその時が訪れないのがいいのですが、

今一度、自然災害の教訓を見直しつつ防災意識を高めていく必要があるのではないかと思う。

 

 

土木部 S

H24.3月号より引用

 

このページの先頭へ