社員ブログ
ホーム > 社員ブログ  >  毎月発行 社内壁新聞  >  なんとか頑張って・・・。

なんとか頑張って・・・。

中学校3年生に息子(長男)がおります。ついこの前、入学したばかりのように感じますが、

2年間もあっという間に過ぎ、受験生といわれる学年になりました。

 

息子は入学して間もなく、バスケットボール部に入りました。

小学校から「仲の良い友達が入るから」という軽い気持ちで入部したようです。

小学校の頃はこれといってスポーツは何もさせてなかったので「大丈夫かな」と心配でしたが、

「自分もそうだったな」と思い出し、「頑張れ」と言って入部させました。

「なんとか頑張って・・・」という思いで見守りました。

 

ぼちぼち、部活の練習にも慣れ始めたころでした。

夏休みに入り、噂に聞いていた「夏休みの猛練習」が始まり、体力がついていない1年生にとっては、それは過酷な練習のようでした。

練習中にぶっ倒れる者や、朝起きたら「気分が悪い」といって休む者が出始め、うちの息子も例外ではありませんでした。

週末になると体調が悪いといって寝込み、食べたものを戻してみたり、と。その頃からでしょうか、仲良し組の中から、ぽろぽろと退部していくものが出始めました。

夏休みのある日曜日、「俺も、もうやめたい」そんな気持ちからか、部活に行ったはずの息子が練習に行ってない。

慌てて探しに行くと、通学路の途中で小さくうずくまっていました。

その後も幾度となくそのようなことを繰り返しましたが、先輩に助けられ、先生方にも支えられ、なんとか頑張って・・・部活動の集大成である「中体連」を迎え撃つ(?)ところまで来ました。

壁新聞』掲載される頃は、「中体連」は終わっている頃だと思います。

万年補欠でしたが、それでもめげずに「なんとか頑張ってやり遂げている」息子を褒めてあげたいと思います。

最後に「強豪チームを撃破して県大会へ出場、おめでとう」となっていることを願って・・・。

建築部 S

H23年6月号より引用

コメント

  • Sさん、息子さんの3年間の部活は後々に生きてきますよ。

    わが社?当高は今回もインターハイ出場、先日の九州大会優勝と全国レベルですが、それを支えているのがレギュラー以外の補欠と呼ばれる選手たちです。

    インターハイが終わりますと、進学就職と進路が決まりますが、チームの為に頑張っている彼らには、協調性とか、相手を思いやる心が出来ていますので、きっと社会に出ても生きてきますから。

    中学でも、きっと高校に行ったときに生きると思います。

    頑張れ、息子クン!!!!

    2011年6月22日 7:56 PM | 安で~~す

  • 自分、バレーを続けたいと父親に相談し、延岡学園に入学しました。野球部みたいにメンバー決め争いで3年間、メインメンバーには選ばれませんで、悔しい日々でしたが、沢山のメンバーや先輩達から、助けて貰い、この3年間は、良い思い出になりました(^0^)/

    2011年6月23日 11:25 PM | ちびたん

  • 安さんへ

    いつもコメントありがとうございます!

    私も学生の頃 部活をしていて、試合中の骨折でレギュラーを外れたとき
    控えで選手を支えることを学びました。
    補欠は、試合に出る楽しみもなく 練習してもレギュラーにならず
    試合中は応援を一日頑張る…
    レギュラーは試合が楽しい一日だけど、ただただ応援の補欠。
    競う合うこと、協調性、悔しさをバネにすること
    一番学び甲斐があるのは、補欠だと思いますね!

    壁新聞を書いたSさんからも返信コメントがあるかも知れません。
    お待ち下さいね。

    2011年6月24日 8:12 AM | uedakogyo

  • ちびたんさんへ

    いつもコメントありがとうです!
    延岡学園のバレー部と言えば、すごい名門ですね!
    その高校で三年間部活を頑張れたこと、すごく大きいですよね(^0^)

    レギュラーが、補欠が、というより、そこの場所で三年続けられたことが
    自信にもなり、大人になるステップであり、
    そして何より大切な良い思い出となったことと思います★

    2011年6月24日 8:15 AM | uedakogyo

  • 安さんへ

    コメントありがとうございました。
    息子に早速、頂いたコメントを伝えます。
    日頃から、そのような言葉をコーチや先生から掛けていただいておりました。
    外部の方から、それもすばらしい成績を収められている学校の先生からのアドバイス、
    しっかりと、認識してくれるものと思います。
    ありがとうございます。

    建築部 S

    2011年6月27日 11:01 AM | uedakogyo

コメントフィード

このページの先頭へ