社員ブログ
ホーム > 社員ブログ  >  Green Garden Desaki 完成

12月2011

Green Garden Desaki 完成

デサキ宮崎店(グリーンガーデン デサキ)様の新築工事をさせていただきました。

上田工業宮崎支店より 完成写真が届きましたので、画像をたくさん掲載したいと思います!

 

オープニングセレモニーの写真を見ていただきましたら 規模の大きさが更に伝わると思います。

多くの皆様が参加し、盛大に行われまして 大きく広い店舗の中を満喫されたようです。

 

モダンな外観で落ち着いた色合いが 入りやすい雰囲気を出しております。

入口も広く、お手洗いには細部までこだわった使いやすさで 私たち上田工業も勉強させてもらいながら施工させていただきました。

お手洗いのビーズのランプシェードなど、デサキさんでパーツを1つ1つ買えば自分でも作れそうです。

モザイクタイルもかわいく、お手洗いに入っても雑貨コーナーにいるような、デサキさんらしいインテリアに現場代理人も楽しく工事を行うことが出来ました。

 

おしゃれなお部屋のコーディネートや、自宅の新築 にも参考になりそうなインテリア感を見てほしいと思います。 

カフェの塗り壁やパーテーション、ペンダントライト、絵… 見所満載で

施工中も毎日仕上がりが楽しく 完成したときの写真撮影は感無量でした。

パンも美味しいと好評のようですので、お腹の満足も得られそうですね(女性にはたまらないですね♪)

 

一番の特徴は

お店のいたるところに緑を置き、観葉植物が目で楽しめ、環境にも優しく、何より店舗全体をまとめて落ち着ける雰囲気を出してくれているところですね。

グリーンガーデンという名前がぴったりだと思います。 

 

 

お店の中には

文房具はもちろん 雑貨や布類、お洋服や小物、コスメ類、そしてガーデニンググッズと おしゃれなお部屋の定番 観葉植物などが豊富にあります。

二階には男性への贈り物 メンズギフトコーナーが設けられており

女性が男性へのプレゼントを悩まなくていいように、時計・小物・高級文具などがたくさん用意されております。

 

仕事や学校で使う文具を買いに来たついでに、趣味に使えるハンドメイド用品やギフト商品、お部屋のコーディネートに使えるものまで

全部がいっぺんに揃うお店となりました。

 

 

テレビの世界でも活躍しているようです、URLをクリックしてみて下さいね。

http://www.facebook.com/gg.desaki

 

今後も地域に貢献できるような、地元企業を応援できる上田工業でありたいと思います。

 

 

「花粉症」

花粉症になって数年、毎年2~4月には、鼻水、くしゃみ、目のかゆみに悩まされています。

最近、花粉症は春だけのものではなく秋の花粉症と言うのもあり、

原因は夏から秋に飛散すると言われている「オオブタクサ」と呼ばれる草や、「セイタカアワダチソウ」などが秋の花粉症の原因だそうです。

季節の変わり目に風邪を引いて、くしゃみや鼻水などが止まらない時は、

ほったらかしにしないで、花粉症かどうか検査してもらうと良いと思います。

 

2012年のスギ花粉は2011年より7割減少すると予想されていますが、早めに対策をして、花粉症と戦います。

 

 

土木部 J

H23.11月号より引用

まるで新築くん

 

家族の思い出がいっぱいの家を壊さずに、快適にリフォームしたい。

面倒な住み替え・引っ越しをせずに、短い工期でリフォームしたい。

そしてもちろん、できるだけ低コストで。

 

こんなわがままをかなえてくれる最新のリフォームシステムが「まるで新築くん」です。

 

戸建て全面リフォーム、まるで新築くん9のお得ポイント
  わかりにくいと言われていたリフォームに必要な料金を、坪単価・定額制で明確にしました。
  ご相談・お見積から施工後のアフターフォローまで、安心・納得の建て替えシステムです!

お得ポイント1:お住まいチェック!
  お住まいの不備や欠陥は、お打合せの段階で徹底調査!万全のチェックを行い、まるごと一軒安心リフォームを承ります。

お得ポイント2:新築のような仕上がり
  リフォームのきっかけとなる場合の多いキッチンやバスルームなどの水廻りはもちろん、室内のあらゆる場所をリニューアル。
  外装、屋根、樋もぴかぴかリフォームで「まるで新築」!

お得ポイント3:わかりやすいセット価格
  今までは複雑でわかりにくかった工事費用も、坪数に応じた定額制を採用することによってわかりやすくなりました。
  工事代金のみで計算しやすく、お客様にわかりやすい料金設定です。

標準プラン  延床面積30坪・575万円を基準に1坪当たり増減±92,000円/坪です。

お得ポイント4:安くて早い!
  工事費用は戸建て新築の約1/3。(30坪のお住まいで575万円[税込])
  工期も、新築・建替えの約1/3。1ヶ月~1ヶ月半の工程管理に従い、効率よく工事を進めます。

お得ポイント5:住みながらの改装もOK!
  部屋別に順々に改装工事を行っていくため、住みながら工事をすることができます。
  面倒でお金のかかる引っ越しが不要!
  お留守の場合でも当社が責任を持って管理いたします。

お得ポイント6:健康に配慮した建材を使用
  シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを抑えた、低ホルムアルデヒド建材などを使用します。

お得ポイント7:不要な工事は減額方式
  不要な工事についてはセット価格から減額していく方式を採用しているため、無駄がありません。

  例えば…
工事不要の場合の減額の一例

お得ポイント8:万全の工事保証&アフターサービス
  工事完了後には工事保証書を発行し、後々の不備もしっかりメンテナンス致しますので安心です。

お得ポイント9:選べるグレードアッププラン&セレクトプラン
  「もっとたくさんの種類から選びたい!」「ペットと一緒に快適に暮らしたい!」「バリアフリーにしたい!」
  そんな、住まいへのこだわりに応じて組み合わせられるグレードアッププラン、セレクトプランをご用意しています。

グレードアッププラン&セレクトプラン

水廻りには最新の設備機器を採用し
内装及び外装などには高品質の建材を使用しています。

すべてをグレードアップすることにより、
今まで以上に心地良い毎日を実現。

リフォームのプロとして、お客様に満足度の高い暮らしをお届けします!

標準プランにプラスして、暮らしを進化させるさまざまなプラン。それぞれの家族に、最も住み心地の良い我が家をご提案します。

●水廻り充実プラン
●内装グレードアッププラン
●自然素材の内装プラン
●ペットと暮らす内装プラン
●バリアフリープラン
●外装グレードアッププラン
●耐震プラン
●換気システムプラン

戸建て・マンションの全面リフォーム「まるで新築くん」

カタログ請求・お問い合わせはリフォームセンターUEDAまで

高級木造キットハウス おやじの隠れ家

夢いろいろ、つくりかた様々。

おやじの隠れ家「おやじの隠れ家」は、国産桧や米桧、ヨーロピアンパインを贅沢に使用した、デザイン性豊かでぬくもりのある本格木造キットです。柱、土台、窓枠等は国産桧、梁桁は米松、壁床屋根材は厚さ40ミリのヨーロピアンパイン。合板等は使用せず自然木無垢材のみを使用し、高級感あふれる造りになっています。

ガレージやアトリエ、オフィスにショップ…使い方は様々。
災害時の緊急用住宅としても注目されています。

■「おやじの隠れ家」の特徴
日本の伝統的建築工法である校倉造りのアイデアを利用し、工期が短く組み立てが簡単。土台伏せ、構造組み立て、壁、屋根、床までを2日~3日で十分施工することができます。

すべての加工を国内の専門工場でプレカット加工しますので、精度が高く正確で美しい組立が可能。現場での材料カットが少なく、端材が出ないのでエコロジーです。

使用材料を出来る限り統一規格化し、加工コストを削減。リーズナブルな価格での提供を実現しています。

また、図解、写真入りの組立てマニュアルを完備していますので、ご自身で組み立てる場合も安心して施工できます。

 

リフォームセンターUEDAは、おやじの隠れ家販売施工認定代理店として登録させていただいています。
完成引き渡しをご希望のお客様には、当社が責任を持って施工させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 ■価格一覧

価格一覧※準防火仕様(6070住宅):外部給排水・本体以外の工事等、表記以外につきましては別途見積となります。

■6050標準仕様で約12坪。基礎工事や塗装工事など、様々なオプションを組み合わせることができます。

■詳しくは「おやじの隠れ家」オフィシャルホームページをご覧下さい。おやじの隠れ家-フレックス唐津

 

カタログ請求・お問い合わせはリフォームセンターUEDAまで

 

リフォームセンターUEDAで施工させていただいた「おやじの隠れ家」です。おやじの隠れ家:外部写真自然の中、ひっそりと佇む「おやじの隠れ家」。おやじの隠れ家:内部写真おやじの隠れ家:施工中写真

運動会

つい先日まで感じていた猛暑はすでに過ぎ去り暦の上では間もなく晩秋を迎える今日この頃

「暑いのと寒いのではどちらが好きか?」と問われれば寒い方がいい。

寒いのは動けば温まるが、暑いのは服を脱いでも限界がある!!」と言っていたのがウソのように暖かさが恋しくなります。

しかし、子供達は違います。現在、A小学校の駐車場整備工事をしているのですが、

休み時間ともなれば”俺たちの時間が来た”と言わんばかりに運動場を半袖短パンで駆けまわっています。

自分も子供の頃はそうであったと思い返すと共に子供達の元気良さに改めて感心させられます。

この時期の一大イベントと言えば「運動会」

親にとっても通常の授業参観では見られない子供達の元気良さと成長を毎年確認できる良い場面だと思います。

私も我が家の子供達が今年もどんな成長を見せてくれるのかこれから楽しみにしています。

ということで、今回は「運動会の起源」について調べてみましたので報告して終わります。

 

運動会の起源は、明治7年、海軍兵学校で英国人教師の指導の元に実施された「競闘遊戯会」とされています。

以後、札幌農学校での「力芸会」、東京大学の「運動会」と続く・・・。

ただ当初は、陸上競技だけに限るものではなく、政治運動や提灯行列を含む催しでさえ「運動会」と呼んでいたそうです。

運動会が学校行事として定着するのは、初代文部大臣森有礼が体育による集団訓練を推奨してからのこと。

近代以降、わが国がはじめて経験した対外戦争である日清戦争に際して、戦意高揚の手段として普及しました。

もっとも当時は運動場や体育館を持つ学校が少なく、河原や空き地で「連合運動会」を催すことが多かったようです。

のちに体育が必須科目となり、各地の小学校が学校単位の運動会を行うようになったようです。

 

 

土木部 N

 

 H23.11月号より引用

 

このページの先頭へ